看護部長になるのは看護師としてどうなの?

看護部長の仕事
それは部下の看護師たちに進むべき方向を示し、目標を達成するための組織作りをする枠割が任されます。
これ、口で言うのは簡単ですが実現は相当難しものがあります。
看護部門のトップである責任者の看護部長は看護師の仕事や経験だけで勤まるものではないのです。
看護部長は部下の看護師の人心把握はもちろんのこと、設備など全体のことにまで気を配らなければなりません。
さらに看護部門と関係する他の部門との連携も必要になりますし、さらに看護部門と医療成績の向上も目指さなければなりません。
それには
・看護部の理念や目標を部下の看護師ひとりひとりにに周知させる
・看護部の事業計画や予算
・看護部の人事管理や労務管理
・部下の看護師の看護ケアの技術や知識の向上
ありとあらゆることを全体的に目を配らせなければなりません。
このように多くの役割を担っている看護部長は、
自分がなにを行い
なにを人に任せるか?
このバランスがとても難しいのです。
さらには病院経営にまで関与することもあります。
多くの看護師たちを束ねていく看護部長の能力は病院経営において大きな影響を及ぼします。
時には看護師という視点だけでなく、病院長や看護部以外の部署の人たちの気持や考えも理解し連携を深めていかなければなりません。
時には他の部署や病院長との意見の衝突もあるでしょう。
しかしよりよい関係を築きあげていくことで、様々な問題解決に臨まなければなりません。
このように大きな責任を担っている看護部長は、病院によっては副院長という重責を担っている方もおられます。
看護部長は看護部門のマネージメントだけでなく、病院全体の運営・管理を担うことになるのです。

そこで、長年看護師一筋にやってきた多くの看護師はその重責に耐え切れないこともあります。

もしあなたが「今後は看護部長としてみんあをまtろめあげてくれないか?」と打診された時にどうしますか?
看護部長は看護師として大きな出世でもありますが、それ以上に大変な仕事でもあるのです。
生半可な覚悟で勤まるものではないのです。
子持ち看護師 働き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です